株式会社 岩崎商店
大阪市中央区東平2丁目1番18
TEL (06) 6761-5195
FAX (06) 6762-2078

非鉄金属用語、ステンレス用語集タ行

ダイ(ダイス)

材料を包んでまわりの形状・寸法を定めるための成形用金型。絞り加工ではダイ形状の設定がポイントとなります。

超硬

WC(タングステンカーバイト)などの粉末にCo(コバルト)を結合剤として添加して成形焼結した合金です。
通常の合金工具鋼の硬さがHV800程度であるのに対して、超硬合金はHV900〜1800と極めて硬いので耐摩耗性が要求される引抜きダイスなどに多用されています。

耐食性

腐食されにくい性質を耐食性が良いという。普通、鉄はさびやすく、ステンレス、アルミ、伸銅品はさびないといわれるが全く腐食しないものは無く、腐食されにくいということである。腐食には金属組織や内部応力といった内的要因と、溶接や曲げ加工、表面処理などの加工要因、そして温度や湿化、酸、各種薬品、使用環境などによる外的要因があり、それぞれの要因に対して、あるいは複合的に耐食性が問われる。

耐超低温性

液化酸素(液化温度-183℃)、液化窒素(液化温度-196℃)等の環境で使用される際に必要な特性。一般に低温になると著しく脆くなる傾向があるがSUS304,SUS316のようなオーステナイト系ステンレスは超低温に於いても靭性の低下が極めて少ない。-196℃の超低温衝撃値はSUS304,SUS316は118N/cm2と優秀である。シリコロイDは196N/cm2とSUS304,SUS316よりも優秀である。

耐熱性

高温においても強度があり、酸化しても脆くなりにくい性質のことを耐熱性が良いという。鋼、ステンレスではSUHと規格されている。

耐疲労性

繰り返し荷重に耐える強度のことを言い、「疲れ強さ」で表す。また、疲れ強さを引張強さで割った比率を疲れ比という。

耐摩耗性

耐摩耗性は硬さと密接な関係があり、一般に硬度の高いものは耐摩耗性も高いと言える。
耐摩耗性を改善するのは、鋼の場合、C量を増やすかCr、W、Vなどの添加元素を入れる。熱処理や表面処理により表面硬度を上げる方法もとられる。

耐力

多くの非鉄金属は降伏点を示さない為、降伏点のかわり耐力という用語を使う。これは応力(荷重)を抜いても元に戻らず0.2%の永久伸びが生じたときの応力Wを試験前の材料片の断面積(mm2)A0で割った値である。N/mm2(kgf/mm2)

鍛造

金属をたたいて成型すること。小ロット品や単純形状、あるいは大物などは任意に方向や角度を変えて成型する「自由鍛造(フリー鍛造)」で作られ、一方金型を使って型打ちする「型鍛造」は量産品や、複雑な形状、小物に利用される。

鋳造欠陥

鋳造品の欠陥のことをいい、ピンホール、巣、湯境、クラック、鋳肌荒れ等がある。鋳造欠陥は材質、砂型、鋳込温度等の影響により発生する。

鋳造性

溶湯が鋳型に入り凝固するのには良好な湯流れが必要である。特に薄肉、複雑形状であればなおさらである。シリコロイ鋼はステンレス鋼よりも湯流れが非常に優秀であり、厚さ1mmの薄肉品が可能。

調質

鋼の結晶粒子を微細にして材質を調整し、粘性、靭性を向上させることをいう。調質には熱調質法と機械的調質法の2種類ある。

ティグ(Tig)溶接

不活性ガス雰囲気中で、タングステン電極と母材との間に電流を使ってアークを発生させ、そのアーク熱により母材及び溶接棒を溶解して接合する方法で、アーク溶接の一種である。

鉄合金

純鉄に各元素を添加することで性能、材質を変化させたもので、鉄が主成分の合金をいう。
鉄合金には鉄、ステンレス、鋳物、特殊鋼等がある。

導電率

標準軟鋼(比抵抗1.7241μΩ・cm・20℃)の導電率を100%とした時、同温同体積の物質の比で示したもので数値の大きいほど伝導性はよい。