株式会社 岩崎商店
大阪市中央区東平2丁目1番18
TEL (06) 6761-5195
FAX (06) 6762-2078

非鉄金属用語、ステンレス用語集マ行

マルテンサイト系ステンレス

マルテンサイト系ステンレスは、焼入れ硬化性を示し、強度と耐摩耗性にすぐれているので、構造用鋼として広く利用されています。
代表鋼種は13%Cr(クロム)のSUS410です。マルテンサイトは硬度が高い反面もろく、耐食性、溶接性、加工性はオーステナイト系ステンレスやフェライト系ステンレスより劣ります。

- 体系 -
SUS400シリーズ:Fe-Cr系合金、磁性

>>>マルテンサイト系ステンレス種類表>>>
>>>>>弊社取り扱いステンレスの詳細>>>

曲げ試験

規格の試験片を規定の半径で規定の曲げ角度まで変形を与え、曲げられた部分の外側を検査し、亀裂や欠点の有無によって合否判定をする試験法である。

マザーメタル

鋳造の原料のことで、再溶解しても目標成分になる様に目標成分に調整した母合金のこと。

マルテンサイト

炭素(C)を過飽和に固溶したオーステナイトから急冷(焼き入れ)した焼入組織であり、急冷により面心立方格子のγ鉄から体心立方格子のα鉄に変わる(変態)。マルテンサイトは針状の細かな組織で、鋼の焼入組織としては最も硬く、強磁性体である。従って、オーステナイト系ステンレスが加工等によりマルテンサイトを誘起すると磁性を帯びることになる。マルテンサイト系ステンレスは、このマルテンサイト組織を持った高Cr鋼であり、特性は同様に、強磁性体で焼入硬化性に優れ、刃物などによく使われる。しかし、硬くて脆いという欠点もあり、また耐食性、溶接性、加工性はオーステナイト系ステンレスに劣る。

盛金

鋼材に溶接された金属をいう。