岩崎商店トップページ非鉄金属材料銅材料の種類>リン脱酸銅板 C1220 (DCuP)

リン脱酸銅板 C1220 (DCuP)

c1220.jpg

りんによって脱酸され、酸化銅(T)[CU20]を含まない銅。 熱の伝導性、展延性・絞り加工性に優れ、溶接性・耐食性・耐光性が良い。 残留りん量の多いC1220「高りん脱酸銅」は、水素ぜい化の心配はないが導電性が低下する。

*水素ぜい化(水素脆化 すいそぜいか、英語:hydrogen embrittlement)とは、 鋼材中に吸収された水素により鋼材の強度(延性又はじん性)が低下する現象の事。水素ぜい化(脆化)は、腐食、溶接、酸洗浄、電気メッキなどが原因とされる。この水素吸収による破壊は遅れ破壊とも呼ばれる。水素ぜい性破壊は、結晶粒界、引張り応力のかかる箇所、応力の集中する部分で起こりやすい。古くから認識されてきた問題である(ハーバー・ボッシュ法の開発にはこの問題が付きまとったことで知られる)。
銅分 99.90%以上
リン 0.015〜0.040%
比重 8.93
 ◆お問い合わせホーム◆
   FAX 06-6762-2078
   TEL 06-6761-5195
   メール:iwasakis@theia.ocn.ne.jp

リン脱酸銅板 C1220 (DCuP)のスペック

リン脱酸銅板の特性

導電率
耐食性
ばね性 -
耐摩耗性 -
冷間鍛造
熱間鍛造
曲げ
深絞り
かしめ
シャー
プレス
被削性 -
溶接性
メッキ性
  ◆お問い合わせホーム◆
   FAX 06-6762-2078
   TEL 06-6761-5195
   メール:iwasakis@theia.ocn.ne.jp

リン脱酸銅板 C1220 (DCuP)のサイズ一覧

厚み  
小板定尺 0.2mm〜 365 o × 1200 o
メーター板 0.5mm〜 1000 o × 2000 o
 りん脱酸銅板は、ご用意できるサイズに限りがあります。
 まずはお探しのサイズをお問い合わせ下さい。

 ◆お問い合わせホーム◆
   FAX 06-6762-2078
   TEL 06-6761-5195
   メール:iwasakis@theia.ocn.ne.jp

※注意 上記のサイズについて 現在諸般の事情により在庫不足のため ご用意できないサイズがございます。予めご了承ください。 また 上記以外にもご用意できるサイズもございますのでその都度お問い合わせください。

株式会社 岩崎商店
大阪市中央区東平2丁目1番18
FAX (06) 6762-2078
営業時間 8:30〜17:30
休業日 土日 祝祭日