株式会社 岩崎商店
大阪市中央区東平2丁目1番18
TEL (06) 6761-5195
FAX (06) 6762-2078

岩崎商店トップページ>ステンレス豆知識

ステンレス豆知識

ステンレスのはじまり(歴史)

1913年はクロム合金が発明され、鉄鋼生産に大きな革命をもたらした記録すべき年である。当時、世界の多くの研究者は、鉄とは異なる合金の発明に取り組んでいた。 イギリスのベレアリ−氏はクロムを増すことによって銃弾用の樽に使用されている鉄の改良に努めており、12% のクロム含有量で鉄は酸腐食に耐えることを発見した。

※はてなダイアリー > キーワード > ステンレスより抜粋

ステンレス(言葉の由来)

ステンレス鋼 (stainless steel) の言葉は、当初新しいメタルから作られた料理用ナイフを説明するために使用されたものと言われている。現在は、さびにくい鋼のことを指す。漢字で不銹鋼と書くこともある。

※はてなダイアリー > キーワード > ステンレスより抜粋

ステンレス鋼の定義

ステンレス鋼の主成分は鉄で、クローム(Cr)を12%以上含んだもので、鉄の持つ容易にさびるという弱点を防止するように改良され、耐食性・耐久性、意匠性、耐火性・低温特性、加工性などで炭素鋼より優れた特性を備え、またメンテナンスが容易な合金鋼のことをさします。 さらに強固な酸化膜を形成するために ニッケル(Ni)を含んだステンレスもあります。 さらに炭素(C)の含有量が低いことも重要です。 炭素は酸素と結びつきやすい性質を持つため、 いくらクロームの含有量が多くても、炭素分が多いと錆びやすくなってしまうのです。

ステンレス鋼は錆に強い

ステンレスが錆びに強いと一般的に言われる由来は鉄にクロムを添加するとクロムが酸素と結合して鋼の表面に作る薄い保護皮膜 (不動態皮膜)がさびの進行を防ぐからだと言われています。この膜は 100万分の 3mmくらいの薄いものですが、大変強く、たとえこわれても、まわりに酸素があればすぐに自動的に再生してさびを防ぎます。

流し台で有名なステンレス鋼の種類は?

一般的に流し台に使われているステンレスは、18−8ステンレス(sus304)と、18クロム系ステンレスがあります。18クロム系ステンレス(sus430)はクロムの割合が18%で、使用状況によっては多少サビが発生する場合があります。18−8ステンレス(sus304)は18%のクロムに加え、8%のニッケルが含まれます。 このためサビには非常に強くできていますが、全くサビないというわけではありません。

ステンレスボトルってどうして保温できるの?

ステンレスマホービンは、内部のお湯や冷水の温度を長時間保てるようにつくられた真空二重のステンレスびんです。(SUS304(18−8)に適合する材料を使用)構造は、ステンレスの内胴の壁(真空面)に銀メッキまたは銅箔を巻き、内・外胴の壁間の空気をチップ管から抜き取り真空にしてあります。真空二重びんにすることによって熱の「対流」及び「伝導」を防ぎ、箔まきをすることによって「輻射熱」を遮断しています。

ステンレス鋼の語源は?

英語でステンレスはStainless Steel(錆がより少ない鋼)であり、決して錆びないわけではありません。 JIS規格のSUSはSteel Use Stainless (スティール・ユーズ・ステンレス)の頭文字です

>>>>ステンレス豆知識2ページ目>>>>>